プラス思考になる

昔からある中国の有名な話を少ししましょう。隣国との国境近くの村に、

一人の老人と、その息子が住んでいました。あるとき、老人の飼っていた

やせた馬が、何かの騒音に驚いて、突然駆け出して隣国までいってしまいました。

村人が老人を慰めると、

「まあ いいさ またいいことあるよ」と、言って気にもかけません。

幾日か経って、そのやせた馬が隣国から立派な馬を連れて帰ってきました。

「よかったね じいさん」と喜んであげると、

「いや 今に悪いことがあるかもしれん」と、言うのです。

まもなく息子が、その立派な馬に乗っていて落馬し、足を折ってしまいました。

また村人が慰めると「いいよ そのうちいいことがあるさ」といいます。

そのうちに隣国と戦争が起こり、若者は皆兵隊にとられ戦死してしまいましたが、

その老人の息子だけは怪我のため、兵役をまぬがれて生き残ったということです。

このように良い事と悪い事は常に循環しておりますので、

一喜一憂せず、悪い事があれば良い事がある。

良い事があれば悪い事があると、常日頃から楽天的に考えると、

ストレスが溜まらない、心臓に負担がかからない性格になります。

さいとう まこと (C)
勝手に文章をコピペしたら訴えちゃうぞ♪(著作権について)
【先着順】1日1名限定の『無料』相談実施中!

同ジャンル関連ページ




コメントをお願いします。